コピーライティングをかじり出すと
簡単な表現を、難しくしてしまいがちです。


単純に、シンプルに、分かりやすい言葉で伝えること。


これを頭に入れていないばかりに、
自己満足な文章になってしまうことがあるので、
注意して、自分の書いた言葉を見直すことが必要です。




例えば、


・特性やコンセプトをそのまま表現してしまう。
・言葉遊びに走ってしまう。
・ダジャレに走ってしまう。
・安い価格に走ってしまう。
・いかにもコピー的な表現で自己満足してしまう。


有名な広告に書かれているコピーであったり、
文章術のようなコピーは別モノだと考えてください。


それをネットに応用してしまうと、
たちまち品のない広告表現になってしまいます。


安易な強調であったり、反復も読み手によっては
不要な表現であり、必要はありません。


製作者の特殊めいた言葉あそびを、
無理に出すことは、逆にそのコピーの質を下げます。


ほとんどの訪問者は検索エンジンから訪問し、
ただ必要なものがそこにあればいいと思っています。


それが分かりやすく、
自分の利益になればいいだけです。




WEBビジネスを展開していくために、必要なコピーはここで学びました・・・
 >>> http://www.wn-project.net/frontafili/2-3.htm
 タグ
None